信用保証協会の保証の役割

ホーム信用保証協会保証付融資入門>信用保証協会の保証の役割

中小企業や個人事業主の方が銀行融資を受けるさい、信用保証協会の保証を付けるのが一般的です。
信用保証協会の保証は銀行と融資を受ける方双方にメリットがあります。

銀行のメリット

銀行は融資を実行するにあたっては融資金の回収手段の確保を考えなければなりません。
債務者(銀行融資を受ける側)がきちんと最後まで返済してくれればそれで良いのですが、
長期の融資となれば、最終期限までの間に債務者の業績が悪化し返済が不可能となるケースもあります。





債務者からの返済が不可能となった場合に備えて銀行は回収手段を確保しておかなければなりません。
代表的な回収手段は担保や連帯保証人です。
しかし中小企業や個人事業主の場合には、有力な担保を持っていないことが多いですから、その他の回収手段も講じておかなければなりません。
その回収手段が信用保証協会の保証なのです。

信用保証協会は一種の保証人として、銀行融資が焦げ付いた場合に債務者に代わって銀行に返済(代位弁済といいます)してくれる公的機関です。
銀行としては信用保証協会の保証がついていれば、債務者が返済不能に陥っても融資金を回収出来る手段が得られることになります。

債務者のメリット

債務者のメリットとしては信用保証協会の保証を得ることにより、担保がなくても比較的容易に銀行融資が受けられることにあります。
また信用保証協会の保証があれば、大半の銀行は融資に応じてくれますから、取引のない銀行との新規融資も期待できます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%