銀行預金口座のマイナス

ホーム個人の借金全般>銀行預金口座のマイナス

銀行預金口座は預金残高までしか使えないのが原則ですが、マイナスになっても使える場合があります。

総合口座の貸越が代表的

個人の普通預金口座がマイナスになっても使える代表的な方法は総合口座の貸越です。
定期預金を預けている場合、普通預金と「総合口座」契約をしておけば、その他の手続きが必要なく、自動的に定期預金残高の90%かつ最大200万円まで普通預金の残高がマイナスになっても使えます。
これは定期預金は一種の「担保」となっているのです。
マイナスとなれば「金利」がかかりますが、この金利は定期預金金利+0.5%となります。
例えば定期預金の金利が0.8%であれば、貸越の利率は1.3%となります。

カードローンの組み合わせ

金融機関によっては取り扱いが異なりますが、カードローン機能の1つとして普通預金残高がマイナスになる商品もあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。