住宅ローン審査の時に借り入れ状況などは、正直に記入しなければマズイのでしょうか?

ホーム住宅ローンの審査>住宅ローン審査の時に借り入れ状況などは、正直に記入しなければマズイのでしょうか?

質問
住宅ローン審査の時に借り入れ状況などは、正直に記入しなければマズイのでしょうか?妻に内緒の借金なので記入用紙などをみられるとかなりマズイです。





内容
住宅ローンに限らず、およそローン申込書には現在の借入状況を記入する欄がありますが、ここには正直に記入されたほうが後々プラスです。
仮に記入しなかったとしても、銀行は審査時に個人信用情報機関への照会により現在の借入状況や延滞有無などを知ることになります。

その際、申込書に記入されていない借入が判明した場合、「この人は隠している」などと感じ、「信用できない人」との印象を持つことになります。
住宅ローンなど銀行ローンの取引においては顧客が信用できる人かどうかが大きなポイントです。
どれだけ高収入の人であっても信用できない人であれば、そのことだけでローンをお断りすることは決して珍しいことではないのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%