赤字決算の場合の銀行融資審査

ホーム銀行融資の審査に関すること>赤字決算の場合の銀行融資審査

銀行の融資審査の最大のポイントは融資した資金がきちんと返済出来るかどうかというところです。
このポイントに照らすと赤字決算は返済出来る可能性が乏しいことを表していますから銀行の融資審査は厳しく慎重に行われることになるのです。
ただ赤字決算で資金不足のままであると、その会社は資金繰りが行き詰まり最悪倒産に至ってしまいます。
ですから融資を受ける会社側としてはなんとしても銀行融資を受けたいところです。

一方で、銀行も赤字決算だからといって一切融資に応じないということはありません。
私も実務において赤字決算の会社に融資を行った経験はいくらでもあります。
では赤字決算の場合、銀行融資を受けるためにはどのようにしたらよいのでしょうか?
いくつかのポイントを案内します。

赤字の原因を明確にする

赤字決算となった場合にはいくつかの原因があるはずです。
原因がわからなくては有効な対策を打つことは出来ません。
なぜ赤字決算になってしまったのか?
その原因を出来るだけ詳細に分析してください。
そしてその原因を銀行に伝えましょう。

その決算期だけの特殊な原因で赤字決算になったかもしれません。
あるいは構造的な問題で赤字決算になったかもしれません。
いずれにしても赤字決算となった原因をしっかりと突き止めることが大切です。

黒字転換の対策を講じる





赤字決算の原因がわかったら、次に黒字転換の対策を考えましょう。
どうしたら黒字決算となるかの具体策です。
無駄な事務所のスペースを削減し、賃借料を削減する。
無駄な保険料を見直す。
人件費を見直す。
どうしたら黒字決算にすることが出来るのか、その対応策を考えるのです。

赤字決算となった場合は景気が悪いなどの外部要因が主な原因で、自社での努力では何ともすることができないかもしれません。
それでも自社で努力できることは必ずあるはずです。
「景気が悪いからしょうがない」ということでは銀行も融資に応じることは難しくなります。
外部要因は外部要因として、少なくとも自社で出来ることはきちんと行う姿勢が大切です。

足元の業況を確認する

赤字決算以降、今期の状況はどうなっているのかも融資審査を行う銀行としては知りたいところです。
つまり赤字が拡大しているのか、黒字に転換しているのか、足元も赤字だとしてもその赤字幅は縮小傾向にあるのか。
銀行としてはとても知りたいところです。
試算表を作成し、銀行側に説明しましょう。

融資審査をする銀行側としてもっとも融資に応じにくいのは赤字の原因を経営者自らが把握せず、かつその対策もまったくなされていない状況です。
これでは今期も赤字決算になる可能性が高く、ますます融資の回収可能性が低くなってしまいます。
こんな状況では銀行融資はたやすく受けることは出来ません。
原因をきちんと把握し、その対策をきちんと講じていることを銀行に示しましょう。
改善する可能性が十分あることを示すのです。

赤字が改善する可能性があるということは融資の回収可能性があるということです。
融資の回収可能性があると銀行が判断すれば、赤字決算の場合でも融資が受けられる可能性が高くなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%