銀行融資審査と減価償却費

ホーム銀行融資の審査に関すること>銀行融資審査と減価償却費

減価償却の見送りは銀行融資審査には意味がない

「減価償却を行うと赤字決算になるので、今期は減価償却を見送った」。

しばしば中小企業の社長さんから聞く言葉です。
赤字決算となるとやはり見栄えも悪いので、減価償却を見送り黒字決算とする気持ちは十分にわかります。
しかし銀行の融資審査においてはあまり意味がありません。

土地を除く有形固定資産、例えば建物とか機械、車両などは一定の法定年数に応じて毎年減価償却費として費用計上しなければなりません。
しかしながら本来は減価償却費を計上しなければならないのに、計上していない中小企業の決算書が多い、というのが私の実務上感じることです。

実態の決算内容で審査





銀行の融資審査の基本は決算書の数字です。
それも表面的な数字ではなく、「実態の」数字です。
減価償却を計上しなければ、それだけ決算書の表面上の利益は増加します。
ただ本来は減価償却をすれば、減価償却を計上した分、利益は減少するはずです。
その減少した利益が実態の数字です。

減価償却をすれば実態は赤字となる場合もしばしばあります。
減価償却費をきちんと計上した場合、決算書の数字はどう変わるのか。
それを銀行の融資審査においては見ています。
つまり決算書の表面上の利益ではなく、減価償却を行った場合の利益にて融資審査を行っています。

債務償還年数は重要

銀行の融資審査ではさまざまな事柄を審査していますが、重要な審査ポイントとして「債務償還年数」というものがあります。
これは現在の借入金を現在の利益水準であれば、どれくらいの期間で返済出来るのかという理論値です。
仮に減価償却を行って決算書上の利益が縮小しても、債務償還年数の算出にあたっては、減価償却費を決算書上の利益にプラスしていますから、債務償還年数自体には影響しないのです。
また本来減価償却を計上しなければならないのに、されていない場合は、広義の意味では一種の粉飾決算です。
粉飾決算というのはオーバーにしても、融資を審査する立場からすればあまり良い印象を抱きません。

会社の決算書はいろいろなところに開示し、それぞれの目的のために使われますから、減価償却費を計上せずに決算書上の利益を上乗せすることも一定の役割があることと思います。
しかし銀行融資の審査においてはむしろマイナスの評価になる可能性が極めて高いことを知っておいてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%