銀行融資用語集 根抵当権

更新日:

ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語集 根抵当権

不動産に設定する担保。
不動産担保には抵当権と根抵当権がありますが、抵当権はその担保の対象となる融資が限定されているのに対し、根抵当権は対象となる融資が限定されず、銀行取引に関するすべての債務を担保します。

抵当権の代表的なものは住宅ローンの担保ですが、銀行融資取引に関する不動産担保の大半は根抵当権となっています。
抵当権の場合ですと新たな融資の都度、設定事務が発生しますが、根抵当権は将来発生する融資も対象となるため、融資の都度の設定事務が省略できます。

通常、銀行融資取引は繰り返し行われるため、事務の便宜性と登録免許税などの諸費用軽減のため根抵当権が広く利用されているのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資用語集
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.