銀行の融資判断材料

ホーム銀行融資の審査に関すること>銀行の融資判断材料

銀行の融資審査においてはさまざまな点から総合的に審査を行っています。
ですからすべての点をご案内することは不可能ですが、次の4点が大きな融資判断材料になります。

1.資金使途

1つは資金使途です。
つまり融資した資金を何に使うのか?です。
商品の仕入資金、社員への賞与資金、機械購入などの設備資金などなどです。
バブル期の一時期においては、融資した資金を何に使うのかをほとんど気にせずに融資をしていた時期がありました。
融資した資金のなかには事業とはまったく関係のない投資資金もあったことと思います。

しかしながら事業以外の分野に資金を回すことは結果としてその会社の業績を悪化させ、資金繰りを悪化させる場合が多く、そうなれば銀行融資の返済もままならなくなります。
このような反省の意味もあり、現在では銀行の融資審査においては何に使うのか、つまり資金使途が重要な融資判断材料となっています。

2.金額の妥当性

2つめは融資金額の妥当性です。
例えば運転資金の融資申し込みがあった場合、その会社の事業規模や売上・仕入取引条件などから判断して、どれくらいの資金が必要なのかを検討します。
その上で今回の融資申し込みの金額は妥当性がある水準なのかどうかを判断するわけです。



必要以上の借入金はその会社の資金繰りを圧迫します。
銀行融資は当然返済しなければなりません。
借入金が多ければ、毎月の返済額も多くなります。
ですから妥当な融資金額なのかどうかは大きな判断材料なのです。

3.返済可能性

3つめは返済出来るかどうかです。
その会社の利益状況や資金繰り状況から融資した資金がきちんと返済されるかどうかは貸し手である銀行としては大きな関心事です。

4.今後の取引展望

4つめは今後の取引展望です。
銀行は融資先とは基本的には末永い取引を展望しています。
1回きりの取引よりもその後の取引の発展を期待しています。
したがって融資先の成長性(売上の伸び率など)や利率、決済口座としての利用状況などを融資判断材料としてみています。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。