裁判所からの督促状について

ホーム借金の督促・取立>裁判所からの督促状について

質問
クレジットで借入れしているのですが、返済ができずに裁判所から督促の催促が届きました。
異議申し立ての際は督促状が届いてから2週間以内に意義申し立てをしないといけないとあったんですが、2週間が過ぎた場合はどうなるんでしょうか?

回答
裁判所から届いたのはおそらく「支払督促」だと考えられます。
借入している債権者からそれ以前に直接、督促はあったと思いますが、前進がないため裁判所という一種の「公権力」を使って支払いの督促を債権者が行ったものです。

この種の裁判所からの督促は債権者のみの一方的な主張に基づいて行われていますから、必ず債務者にも抗弁する機会が与えられていて、それが2週間なのです。
支払督促に異議がある場合には、2週間以内に裁判所に申し立てをしてください、ということです。

この「支払督促」には財産差押えなどの強制力はありませんが、このまま放置すれば「次は強制力を伴う督促をしますよ」という債権者側から言わせれば、一種の警告をしたことになります。

そして異議申し立てをしないまま2週間が経過しますと、今度は債権者側の手続きによって裁判所から「仮執行宣言付の支払督促」が送達されてきます。
この「仮執行宣言付支払督促」にも債務者が抗弁する機会が与えられていて、異議がある場合にはやはり2週間以内に裁判所に申し立てる必要があります。

この2週間が経過しますと、例えば財産の差押え、例えば不動産とか銀行預金、給与などへの差押えがなされる可能性があります。
したがって「仮執行宣言付支払督促」が送付されてきた場合、そのまま放置することは危険です。
給与の差押えなどがあった場合、サラリーマンの場合、勤務先に知られることにもなります。
裁判所に独自で手続きをすることも出来ますが、可能な限り弁護士などの専門家に相談されることをおすすめします。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。