代位弁済による根抵当権の移転について

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>代位弁済による根抵当権の移転について

質問
信用保証協会の保証つき融資についての質問です。
銀行が競売申立によって根抵当権の元本確定をし、信用保証協会が代位弁済することによって根抵当権の全部移転が行われた場合、競売事件は信用保証協会に引き継がれるものなのでしょうか?





回答
銀行実務から回答しますと、信用保証協会に競売事件も引き継がれます。
信用保証協会による代位弁済がなされると当然に根抵当権者が信用保証協会に移転します。
そして競売事件の当事者である根抵当権者の地位の承継を裁判所に申し立てをして、それを裁判所が認め、相手方にも地位が承継されたことが通知されます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達