銀行融資用語集 抵当権

ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語集 抵当権

抵当権とは不動産担保の種類の1つで、担保の対象となる融資が個別に限定されているものです。
住宅ローンの利用時に購入する自宅に設定される不動産担保として抵当権は広く用いられています。

抵当権は担保の対象となる融資が個別に限定されているものですから、例えば住宅ローンと教育ローンの2つのローンを1つの銀行から借入している場合、住宅ローンが完済となれば抵当権の効力もなくなります。
教育ローンが残っていても抵当権は消滅するのです。

これに対して根抵当権というものがあって、この場合には担保の対象となる融資が個別に限定されていません。
現在の借入しているものすべて、および将来借入するものを含めて根抵当権は担保の対象となります。
したがって上の例で言えば、住宅ローンを完済しても教育ローンが残っている場合には、根抵当権は消滅しません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。