銀行融資用語集 抵当権

ホーム銀行融資用語集>銀行融資用語集 抵当権

抵当権とは不動産担保の種類の1つで、担保の対象となる融資が個別に限定されているものです。
住宅ローンの利用時に購入する自宅に設定される不動産担保として抵当権は広く用いられています。





抵当権は担保の対象となる融資が個別に限定されているものですから、例えば住宅ローンと教育ローンの2つのローンを1つの銀行から借入している場合、住宅ローンが完済となれば抵当権の効力もなくなります。
教育ローンが残っていても抵当権は消滅するのです。

これに対して根抵当権というものがあって、この場合には担保の対象となる融資が個別に限定されていません。
現在の借入しているものすべて、および将来借入するものを含めて根抵当権は担保の対象となります。
したがって上の例で言えば、住宅ローンを完済しても教育ローンが残っている場合には、根抵当権は消滅しません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%