住宅ローンの借り換えで悩んでいます

更新日:

ホーム住宅ローンの借換え>住宅ローンの借り換えで悩んでいます

質問
現在全期間固定金利の住宅ローンを利用しています。
最近、取引のある銀行からローンの借り換えをすすめられています。
条件は5年間の固定金利で、現在の金利よりも2%ほど低くなります。
でも5年後に金利がはね上がっていたら、借り換えは結果的に損になると思うのです。
多少金利が高くても安定した今の固定金利のままのほうがよいのでしょうか?

回答
住宅ローンの借換を検討するにあたっていろいろな考え方があります。
金利、毎月の返済額など検討する要素はさまざまです。
あれもこれもと考えてしまうとなかなか結論に至らないと思います。

今回の質問の場合、1つの考え方としては借換することによって5年間とはいえ、2%も金利が下がるのであれば、残存期間を変えない場合、月々の返済負担は軽減されると思います。
その軽減された部分を繰り上げ返済に回すのです。

当たり前のことですが利息は住宅ローンの元金に対してかかってきます。
繰上げ返済によって元金を少しでも減らせば、その減った元金部分に対しては永久に利息がかかりません。

表面的な金利だけに注意を払うのではなく、いかに住宅ローンの元金をより多く減らしていくか・・・。
これが支払利息を節約するもっとも近道の方法だと考えています。
5年間で金利が2%低くなる場合、単純計算ですが住宅ローン残高1,000万円につき5年間トータルで利息は1百万円節約することが出来ます。



-住宅ローンの借換え
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.