うそをついて銀行融資を借り入れした場合

ホーム銀行融資の資金使途に関すること>うそをついて銀行融資を借り入れした場合

猛烈な赤字決算

今回はある食料関係の加工卸売り会社。
社長はいつも精力にあふれている感じで、原材料の仕入資金を定期的に当行から借入していた。
半年前もやはり材料の仕入資金として借入申し出があり、当方は積極的に融資を行った。
この社長、ほとんど当行にて来ないが、今日は事前に連絡の上、私のところに来られた。
目的は新しい決算書が出来たので、それを見せるとともに、相談事があると。

そして社長が来られて、新しい決算書を見て私は愕然とした。
猛烈な赤字なのである。
社長の口からは、前々から陳腐化している在庫があり、それをこの期に一挙に不良在庫として処分した。
そのために大幅赤字に至ったというのである。
またここ最近、材料の仕入資金として借入していたのは、実は借入の返済のためであったと。
この決算では新たな借入は当然無理だと思うので、今の借入の返済について、金額の減額などの返済条件の変更を願いたいと。

私は、今更申し上げても遅いが、なぜもっと早く事実を報告してくれなかったのか。
返済条件の見直しは相当難しい旨をお伝えし、とりあえずお帰りいただいた。
今回の件は2つの問題点があります。

銀行が考える問題点





1つは不良在庫を隠していたこと。
気づかなかった私がバガだといえばそうだが、不良在庫を隠していたことは、明らかに粉飾決算である。

2つは使途を偽って借入したこと。
実態は借入返済の資金であったのに、材料の仕入資金として偽って借入したこと。

粉飾決算の代償

決算を粉飾し、うそを言って借入した会社に返済条件の見直し、つまり返済猶予や返済額の減額などの見直しは一切ありません。
あくまでも今の返済条件どおり、返済を求めるだけです。
返済できなければ、当行が融資金を回収できるかどうかもありますが、法的対応も十分に考えられることです。
会社の倒産は避けられず、かつ連帯保証人となっている社長自身の破産も避けられないところです。

今更申し上げても遅いことですが、不良在庫があることや返済が厳しいことを正直に報告してくれれば、返済猶予をはじめ、銀行からの金融支援は受けられる可能性のあることでした。
正直に言ってくれれば、会社の事業は継続でき、社長自身も大きな危機に直面せずに済んだかもしれません。
うそをついた取引先に銀行は甘い顔はしません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%