借金を出来なくする方法

更新日:

ホーム夫婦・親族の借金に関すること>借金を出来なくする方法

質問
私の父のことなのですが、借金癖がひどくて困っています。
家族が弁済しても、また借りる始末です。
なんとか借金を出来なくする方法があったら教えて下さい。

回答
どれも完全ではないのですが、借金を出来なくする方法には大きく3つあります。

1.貸付自粛制度を使う
個人信用情報に貸付自粛の情報を自ら申告することによります。
新たな申し込みを受けた金融機関が審査の際、個人信用情報を照会することにより、貸付自粛の登録があることを把握し、新規融資を行わない仕組みです。
日本貸金業協会で登録を受け付けています。

2.あえて自己破産などの法的債務整理を行わせる
自己破産などの法的な債務整理をあえて行わせる方法です。
自己破産などの債務整理を行えば、個人信用情報に事故情報が登録されます。
そうすることにより新規融資が事実上受けられなくする方法です。

3.被後見人制度を使う
被後見人の宣告を受ければ、日常生活に関わるものなど、ごく一部の行為を除いては後見人の同意がない限り、貸金契約などの法律行為を本人は出来なくなります。

いずれも方法も1つの歯止めにはなると思います。
しかし万全ではありません。
ヤミ金などに代表されるように、上記の歯止めなど関係なく融資を行うところもありますから。



-夫婦・親族に関すること
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.