保証人としての債務

ホーム保証人に関すること>保証人としての債務

質問
私は夫が経営する会社の銀行融資の保証人になっていました。
しかし返済不能となり信用保証協会が代位弁済した旨の通知が私の所へも届きました。
離婚した場合も私は保証人としての債務は受けないといけないのですか?
夫が自己破産した場合、私も自己破産の必要が出てくるのでしょうか?

回答





離婚と連帯保証は関係ありません
連帯保証契約は債権者とあなたとの間の契約であって、夫は契約の当事者ではありません。
したがって離婚したとしても連帯保証契約には関係なく、引き続き保証債務、つまり弁済の義務から免れることは出来ません。

夫が自己破産しても連帯保証は関係ありません。
また夫が自己破産・免責したとしても、夫だけが債務の弁済を免れるだけであって、債務そのものは存在しますから、連帯保証人であるあなたは引き続き債務弁済の義務を負います。
夫が自己破産したら自動的にあなたも自己破産しなければならないということにはなりませんが、保証債務が多額のものであれば、後々の生活等を考えればあなた自身も自己破産するのも選択肢の1つとなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%