私の自己破産が妹の住宅ローン審査に影響しますか?

更新日:

ホーム住宅ローンの審査と家族>私の自己破産が妹の住宅ローン審査に影響しますか?

質問
同居の妹が中古のマンションを購入することになりました。
そこで銀行の審査を受けたのですが事前審査で落ちてしまいました。
不動産屋さんいわく過去に借金とか保証人とかありませんか?と聞かれたそうです。

実は姉の私が昨年、自己破産をしました。
私が問題ではないかと思うのですがこのことは審査に影響ありますか?

回答
住宅ローンに限らず、およそローンの審査対象は第一義的には申込人に限られるのが原則です。
もちろん連帯保証人や担保提供者が申込人以外の場合には、その方も審査の対象となります。

妹さまの住宅ローン審査においてご質問者が連帯保証人や担保提供者にならないのであれば、妹さまだけの返済能力や信用状況が審査の対象となり、ご質問者の信用状態は審査対象とはならないのが原則です。

妹さまが住宅ローンの事前申し込みをされ、妹さまの個人信用情報を照会したさいに、同居、つまり自宅電話番号や住所が同じご質問者の個人信用情報もあわせて照会回答記録になかに含まれていたのではないかと考えられます。

さきほども申し上げましたように妹さまだけが第一義的には審査対象となるのですが、最終的には総合判断で審査の可否は決定されます。
ご質問者の過去の自己破産情報が総合判断にて考慮された可能性が考えられます。

妹さまが事前申し込みをされた金融機関に理由を聞くことは可能ですか?
返済能力などが要因であれば、最近は可能な範囲で金融機関は説明すると思います。(今は金融機関になるべく理由を顧客に説明するように当局から指導が来ています)

金融機関が理由を具体的に説明せず、あいまいな説明に終始するようであれば、ご質問者の問題を含め、なかなか説明しづらい理由だったのかもしれません。



-住宅ローンの審査と家族
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.