急ぎで銀行融資の審査をお願いしたいのですが・・・

ホーム銀行融資の審査に関すること>急ぎで銀行融資の審査をお願いしたいのですが・・・

個人向けのカードローンなど一部の銀行融資を除いて、銀行融資の審査には一定の期間を要します。
特に企業や個人事業主(自営業)向けの運転資金や設備資金などおよそ事業資金の融資には最低でも1週間程度は必要です。
実際の融資実行にはさらに1週間以上の時間は見ておくべきです。
また審査状況によってはいくつかの書類の作成を求める場合もあります。





急ぎで銀行融資の審査を受けたい場合のポイントとしては、
・資金使途(なぜ資金が必要なのか、何に使うのか)を明確にしておくこと
・資金が必要な時期を明確に伝えること
・試算表や資金繰り表、設備投資の場合には設備投資の計画書の最低限の書類は銀行から要求される前に作成し、提示をすること
の最低3つは事前に用意しておくことです。

上記3つは銀行内の融資稟議において必ず触れなければならない項目であり、これらをあらかじめ準備しておくことで、銀行担当者の稟議作成時間を短縮化することが出来るからです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達