銀行融資の基本

事業資金の融資事故を起こしたら住宅ローンの一括返済を求められたのですが・・・

質問

自営業です。
信用保証協会の保証付にて銀行融資を受けていましたが、事業の悪化により支払いが滞り融資事故を起こしてしまい、信用保証協会のお世話になることになりました。
信用保証協会の担当者とこれからの返済計画について相談しているところです。
ところで融資を受けた銀行からは別に住宅ローンを借入しているのですが、その銀行から、この融資事故のため住宅ローンも一括で返済してくれるよう言われています。
そんなお金はありませんが一括返済をしなければいけないのでしょうか?

回答

住宅ローンの返済が滞っていないのであれば一括返済する必要はありません。
それにもかかわらず住宅ローンの一括返済を求められるのは理不尽な話ですね。
信用保証協会保証付の融資も住宅ローンも銀行融資であることに変わりはありませんが、前者は事業資金であるのに対して、住宅ローンは個人の消費性の銀行融資で性格が異なります。
住宅ローンの返済が遅れていないのであれば、きっぱりと拒否してかまわない話です。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.