家の売却による住宅ローンの残金について

ホーム住宅ローンその他>家の売却による住宅ローンの残金について

質問
事情があり数年前に買った家を売却する予定です。
しかし土地の値段が値下がりしており、売却代金が住宅ローンの残高に足りません。
その場合、住宅ローンの残金は一括して払わないといけないのでしょうか?
それとも継続して銀行融資をしてもらえますか?

回答
どこの銀行でも同じだと思いますが、銀行は住宅ローンが完済されない限り抵当権を抹消しません。
また抵当権が設定されている不動産を買う人もいません。
したがって自宅の売却代金と住宅ローン残高との不足分は何らかの方法で調達をしないと自宅が売れなくなってしまいます。

場合によっては不足分を住宅ローン以外の銀行融資で借入することが可能かもしれません。

ご参考までに自宅売却の実際の手続きをご案内します。

1.自宅を売却し住宅ローンを完済する予定であることを銀行に連絡
2.売買の当日に、銀行・売主・買主と、不動産屋と司法書士が立会人とし  て一堂に会します
3.買主が代金を売主に支払う
4.売主は住宅ローン全額を銀行に返済する
5.銀行は、抵当権抹消に必要な書類を買主に交付
6.司法書士が、買主から抵当権抹消と所有権移転の手続に必要な書類を受  け取り
7.司法書士が法務局で登記の申請を行う

以上の流れとなります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。