役員を解任されたので信用保証協会の連帯保証から解除してほしい

ホーム信用保証協会と連帯保証人>役員を解任されたので信用保証協会の連帯保証から解除してほしい

質問
役員を解任された会社の信用保証協会保証付融資の連帯保証人になっています。
もう会社にはなんら関係がないのに責任だけを負っています。
連帯保証を解除することは出来ませんか?

回答
銀行のプロパー融資の場合、連帯保証人が銀行融資先の会社の役員を退任した場合には、比較的容易に連帯保証の解除に応じています。
しかし信用保証協会の保証付融資の場合には、連帯保証の解除には信用保証協会の承認が必要となります。





信用保証協会は原則として一度なった連帯保証人を解除することを原則として認めていません。
連帯保証人を解除する扱いは信用保証協会では例外扱いであり、次のような事項が確認されれば連帯保証人の解除に応じています。
・融資先(保証先)の業績が良好であること
・連帯保証人が会社を退社し出資関係も含めて精算され、事業には一切関与していないこと

ご質問者は会社からは退社されているようですので、出資関係も精算され会社の業績に特段問題がなければ、連帯保証人を解除される可能性はあります。

それと連帯保証をしている借入を新規の借入にて決済すること、つまり連帯保証をしている借入を完済することにより実質的に連帯保証から解除される方法があります。
銀行実務ではよく使用されている方法です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%