名義変更していない土地に建物建築の住宅ローンは利用出来ますか?

ホーム住宅ローンその他>名義変更していない土地に建物建築の住宅ローンは利用出来ますか?

質問
自宅の建替えに関する住宅ローンで困っているので教えて下さい。
父親名義の土地に今回私名義で建物を建て替えようと計画しています。
しかし父は数年前に亡くなっています。
亡くなった後も相続の手続きをせず、土地の名義変更もしないままでいます。
建物の老朽化にともない建替えを考えているのですが、このまま土地の名義変更をせずに建物建築の住宅ローンは通りますでしょうか?
やはり名義変更はしておいた方がいいのでしょか?

回答
結論的には土地を亡くなった父親名義のままで、建物建築資金とはいえ住宅ローンを利用することは出来ません。
お父さんが亡くなったのが数年前であれば相続は確定しています。
土地について相続による所有権変更登記を済ませておく必要があります。

住宅ローンにおいては建物建築資金であっても、その土地と新しく建てられる建物を一体として抵当権の担保設定を行います。
その際、土地の所有者が故人であれば抵当権設定の契約書類に所有者が署名や捺印が出来ません。
したがってそのままでは土地の担保設定が出来ないことになりますから、住宅ローンの実行が出来ないのです。

またそもそも論として、故人が所有者というのは実体に合致しません。
きちんと変更登記を済ませて実体どおりにしておく必要があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。