開業して間もないと銀行融資の借入は無理ですか

ホーム起業・創業資金融資に関すること>開業して間もないと銀行融資の借入は無理ですか

開業して間もない時期に銀行融資を借入することは出来るでしょうか。
答えは「出来ます」。

開業して数ヶ月とか1、2年の場合は経営者ご自身は「これなら行ける」と考えても銀行などの第三者からの評価はまだまだ厳しいのが現実です。
開業して間もない場合は営業基盤がまだ確立しておらず、発展途上にありますからどうしても不安定感を抱かれてしまいます。
したがって開業後間もない場合に銀行融資を借入するには信用保証協会保証付の創業融資の利用がおすすめです。
創業融資というと、これから起業する人が利用できるものと思われがちですが、既に開業した後も一定期間は利用することが出来ます。





例えば東京の場合は開業後5年間は創業融資の利用対象となっています。
開業後どれくらいまで創業融資が利用できるかは各自治体によって異なります。
したがってそれぞれの自治体の制度をご確認ください。

下記に全国信用保証協会連合会のHPリンクを張っておきます。
ここから読者がお住まいの各信用保証協会HPへの入り口がありますから、そこで創業融資制度を確認することが出来ます。
全国信用保証協会連合会
http://www.zenshinhoren.or.jp/





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達