銀行融資の基礎 はじめに

更新日:

ホーム銀行融資の基礎>銀行融資の基礎 はじめに

銀行はさまざまな規模の企業や個人との融資取引を行っていますが、そのうちもっとも取引先数が多いのは中小企業です。
銀行にとって中小企業は銀行経営においてなくてはならない存在だと考えています。

一方で私たち銀行員は大企業へ融資する場合と、中小企業へ融資する場合とは少し異なったスタンスで取り組んでいます。
もちろん大企業向け融資と中小企業向け融資と同じような考え方で取り組んでいる部分はたくさんあります。
しかしいくつかの点で中小企業向け融資は大企業向け融資は異なる点があります。

例えば大企業の場合は法人とその社長とのつながりは金融的にはほとんどありません。
一方で中小企業の場合は、法人と社長が実質一体の場合がほとんどです。
したがって中小企業向けの融資審査においては法人と社長が実質一体であるということも勘案しなければなりません。

また大企業の場合は財務に関する情報開示がしっかりとしています。
上場企業の有価証券報告書がその代表例です。
一方で中小企業の場合は、必ずしも財務に関する情報開示がしっかりとされているとは言えない側面があります。

さらに中小企業の場合は、大企業にくらべて財務内容が脆弱なところが多いのも事実です。
大企業以上に中小企業は景気の影響を受けやすく、財務基盤が脆弱になりやすく融資審査はより慎重に行わなければなりません。

このように同じ企業向け融資であっても、銀行の融資姿勢は大企業の場合と中小企業の場合とで異なるのが現実です。
したがって中小企業の経営者のみなさんは銀行の融資取引姿勢を知ることでより有利に、あるいはより銀行を利用しやすくなるのです。

中小企業の経営者のみなさんから見れば取引の相手方にあたる管理人(現役銀行融資課長)が、中小企業の銀行融資借入取引において知っておいたほうがよいと考えられることを順次ご案内していきます。
銀行の考え方や審査のポイントなども把握していただきます。



-銀行融資の基礎
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.