連帯債務者と連帯保証人

更新日:

連帯債務者とは

連帯債務者とはお金を借りている人、本人のことです。
例えば住宅ローンを夫婦が連帯債務者として利用しているとします。
その場合、夫と妻はともに住宅ローンを返済しなければならない人です。
夫だけが返済しなければならないのではなく、また妻だけが返済しなければならないのでもありません。
夫が住宅ローンの返済が出来ないときに、初めて妻が返済しなければならないということではありません。
夫婦それぞれが当初から返済しなければならない義務を負っています。

連帯保証人とは

これに対して連帯保証人はお金を借りている人ではありません。
あくまでお金を借りている人、つまり債務者が返済不能に陥ったときに、債務者に代わって返済する義務を負う人です。

連帯債務者と連帯保証人の違い

連帯債務者と連帯保証人の違いについてはあまりこだわる必要はないと思います。
つまり連帯債務者であろうと連帯保証人であろうと、ともにお金を返す義務をどちらも負っています。
ただどちらかというと連帯債務者の方が心理的に負担は大きいと思います。
連帯債務者は借入人本人ですから、必ず最後まで返済する義務を当初から負っています。
これに対して連帯保証人の場合、あくまで第一義的に返済する義務を負うのは債務者であり、連帯保証人ではないからです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-保証人に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.