銀行融資の基礎 資金使途

更新日:

ホーム銀行融資の基礎>銀行融資の基礎 資金使途

銀行からの融資借入は会社のどんな資金に利用できるのでしょうか?
銀行からの融資借入はつぎの4つの使途に利用できます。
1.運転資金
2.設備資金
3.納税資金
4.賞与資金

したがってこれ以外の使途、例えばゴルフ会員権の購入などの投融資資金や社長や社員への貸付資金を銀行から融資を受けることは原則出来ません。

あくまでも会社の事業に直接関わりのある使途に限って銀行融資が受けられることになります。

なお他の銀行からの借入金の借換えの場合は、その他の銀行からの借入金の使途が上記4つのうち、運転資金と設備資金の場合に借換えを検討することが出来ます。
ただ実務上は設備資金の借換えはいろいろとハードルが高く、よくあるパターンとしては運転資金の場合です。

また銀行には運転資金と偽って、実際は投融資資金など他の使途に流用することは厳禁です。
すぐにはその流用の事実を銀行は気付かなくても、必ず時間の経過とともに銀行は気付きます。
資金使途の違反を銀行が気付いた場合は、一括返済や以降の追加融資が受けられないなどのペナルティーを受けることになります。
資金使途の流用は絶対にしないでください。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の基礎
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.