身内に破産者がいる場合の家族への影響について

投稿日:

ホーム自己破産>身内に破産者がいる場合の家族への影響について

質問
先月、父が破産をしてしまいました。
その場合、同居している家族にも何らかの影響があるのでしょうか?
たとえば住宅ローンや銀行ローン、クレジットカード等の新規申し込み時においてです。

回答
原則として身内に破産された方がいても、その他の家族の方への影響はありません。
住宅ローンや銀行ローン、クレジットカード等の申し込みにおいては、個人信用情報の調査を行いますが、調査の対象は申込人本人のみであって、家族は対象外だからです。

ただ金融機関やカード会社等によっては破産などの官報情報を社内に蓄積しているケースがあります。
その場合、ご家族の過去の官報情報が審査に影響を与える可能性は残っています。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-自己破産

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.