自分自身の信用情報が影響しているのでしょうか?

ホーム個人信用情報に関すること>自分自身の信用情報が影響しているのでしょうか?

質問
7年前に自分で経営していた会社が倒産しました。
最近、借入をしようとしましたが、消費者金融を含めてどこも審査が通りません。
7年前の倒産が影響しているのでしょうか?
このような情報はすべて公開されてしまっているのでしょうか?
時効みたいなものはないのでしょうか?

回答
会社が倒産したとのことですが、ご質問者は連帯保証人になっていたでしょうか?
以下、ご質問者が連帯保証人であることを前提に説明をします。





会社が倒産すれば会社の借金は連帯保証人に返済請求が行われます。
そして連帯保証人が返済不能の場合には、その事実が個人信用情報に登録されます。
個人信用情報の登録期間は情報の種類によって異なりますが、連帯保証人が完済をしても、その後5年間は情報が登録されています。

また会社倒産とともに連帯保証人が破産を行った場合には、官報情報として10年間、個人信用情報にその事実が登録されています。

これらを総称して個人信用情報の「事故情報」などと呼んでいますが、事故情報が登録されている限り、消費者金融を含めて新規の借入は事実上困難となります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%