銀行融資の基礎 在庫資金

ホーム銀行融資の基礎>銀行融資の基礎 在庫資金

事業を行っていくには、商品や商品を作るための原材料などが必要です。
商品や原材料を準備するために必要な資金のことを在庫資金といいます。
在庫資金は運転資金の一種です。

この在庫資金を銀行融資で借入することはもちろん出来ます。
一方で銀行は在庫資金については少し警戒するところがあります。
在庫というのは売れてはじめて資金化するものです。
逆に売れなければ資金化しませんから、その会社の資金繰りを悪化させることに直結します。





銀行が警戒する在庫資金のケースとしては、売れない在庫、つまり不良在庫を顧客が抱えている場合です。
この場合は、表面的には在庫資金であっても実質は過去仕入をした不良在庫の影響で資金繰りが悪化し赤字資金であることが懸念されるからです。
顧客が不良在庫を抱えているかどうかは在庫回転期間の推移によって銀行は判断しています。

したがって銀行に在庫資金の融資を申し込む場合には、例えば商品の充実を図るとか、売れ筋の在庫を積み上げるためだとか、顧客から要望の多い商品を積み上げするためだとか、その目的をはっきりと伝えることがポイントです。

単に在庫を増やすためだとかの説明では、実質的には不良在庫のための赤字資金の補填ではないかと疑いをもたれてしまいます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%