無担保ローンの審査基準

ホーム個人ローンの審査>無担保ローンの審査基準

ローンの審査基準は銀行等金融機関によって異なりますが、おおむね年収に占める無担保ローンの残高が30%以内であることです。

この30%の水準は「法律で決まっているから」というよりは、むしろ標準的に考えて、きちんと生活ができ、かつ、きちんとローンの返済も出来る水準が年収の30%以内のローン残高であるからです。





30%の水準を超えてくると、返済が苦しいと感じるようになり、返済のために新たな借り入れをするといった悪循環に陥る危険性が高くなってきます。

今、ご自身の無担保ローン残高(住宅ローンなど有担保ローンは除く)を確かめていただき、年収に占める割合がどれくらいになっている確認してみてください。
もし30%を超えているようであれば、決して返済のための新たな借り入れをするといった安易な手段を取るのではなく、生活面を見直して返済原資をきちんと確保し、着実にローン残高を減らすように努力をしてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達