銀行融資の基礎 買掛サイト短縮による運転資金需要

更新日:

ホーム銀行融資の基礎>銀行融資の基礎 買掛サイト短縮による運転資金需要

買掛サイトの短縮、例えば仕入代金の決済が今までは月末締めの翌々月払いであったものが翌月末払いに変更となった場合、支払いをしなければならないのが1ヶ月早まることになります。
そうすると早く資金を用意しなければならず、資金需要が発生します。

所要運転資金は【売掛債権+在庫-買掛債務】で計算することが出来ますが、早く買掛金を決済することで買掛債務の残高が減少することになりますから、所要運転資金は増加するのです。

買掛サイトの短縮で資金不足が発生し、銀行に融資を申し込む場合はちょっと注意が必要です。
買掛サイトの短縮が要因で資金不足が発生する場合、銀行は「仕入先から危ないと思われて、サイトの短縮を要求されているのではないか」と考える場合があります。

したがって銀行融資を申し込む場合には、なぜ買掛サイトが短縮したのかをきちんと銀行に伝えたほうが無難です。
例えば、
・現金仕入に変更することで値引きしてもらうため
・仕入先の資金繰りを支援するために、早く支払う
・仕入先から一方的に要請されたため→仕入先が自社よりも大きな会社の場合に多いと思います。取引関係や力関係から相手からの一方的要求を呑まざるを得ない場合です。



-銀行融資の基礎
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.