住宅購入時の頭金について

ホーム住宅ローンと頭金(自己資金)>住宅購入時の頭金について

質問
最近住宅購入を考えており、住宅ローンを検討しています。
ただ、知人に聞いたり、雑誌を読むと頭金として購入額の2割は最低限必要とあります。
本当にそうなのでしょうか?
頭金がないと住宅ローンは組めないのでしょうか?

回答
昔の住宅金融公庫の融資額が購入価格の8割であったり、民間銀行の住宅ローンも購入価格の8割(担保評価額が購入価格の8割としていることが多いため)であったりしたため、
これが「頭金は最低2割は必要」と言われる根拠となっていました。

しかし、いまでは住宅金融支援機構のフラット35の融資額も購入価格の100%までとなっていますし、民間銀行の住宅ローンも購入価格まで住宅ローンの利用が可能となっており、必ずしも頭金はなくとも住宅ローンの利用は現実的となっています。





ただ住宅購入にあたっては所有権移転時に登録免許税の負担や、銀行の住宅ローン利用時には保証会社の保証料負担など、少なからず費用負担が発生します。
銀行によっては「諸費用ローン」として別途、ローンが用意されているところもありますが、すべての費用がローンの対象とはなっていません。

また住宅購入~引越しとなれば、インテリアの買い替えなど、いろいろな支出も考えられます。

そういった意味で、購入価格の2割は必要ないかもしれませんが、一定の頭金(少なくとも諸費用分程度)は準備する必要があります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%