社長の信用情報が会社借入に与える影響

更新日:

ホーム銀行融資と経営者の関係>社長の信用情報が会社借入に与える影響

社長個人の信用情報が会社の借入に影響するかどうかですが、まず影響すると考えてください。

社長個人に金融の事故情報があったり、あるいは最近相次いでカードローンなどの新規契約を行っている、消費者金融から借入があるといった情報があればそれはその人が社長を勤める会社借入にも影響します。
つまり会社で借入することは出来ません。

これは上場企業などの大企業の場合は別にして、多くの中小企業の場合は社長=会社と金融機関は見ています。
社長と会社とは一心同体と見ているのです。

したがって社長自身に金融上のマイナス情報があれば、それは会社に直結します。

ただ会社が借入する都度、社長の個人信用情報を調査するかどうかは銀行によって取扱は異なると思います。

ちなみに私の勤務する銀行では、新規に会社との融資取引を開始する場合には社長個人の信用情報を必ず調べます。
既に融資取引のある会社に追加融資をするときには基本的に社長個人の信用情報を調査することはしていません。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資と経営者の関係
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.