資金繰りの備えは絶対に必要です(管理者の実務経験から)

更新日:

ホーム資金繰りの悩み事例>資金繰りの備えは絶対に必要です(管理者の実務経験から)

資金繰りに備えて銀行に融資の申し込みをされる中小企業や個人事業主の方はたくさんいらっしゃいますが、銀行実務上、2,3日で銀行融資を実行することは不可能です。
通常、融資の相談を受け付けてから、実際に融資が実行されるまでには、審査時間や融資事務手続きを勘案すると、早くても2週間程度の時間は必要となります。

資金繰りは事業を継続していく上で、一度もショートさせるわけにはいきません。
どれだけ売上が上がっていても、どれだけ利益が上がっていても、資金繰りが一度でもショートすれば、その時点で事業の継続は不可能となります。
資金繰りは最重要の経営管理項目です。

したがって資金繰りに不安を感じた場合には、速やかに取引のある銀行に融資の相談をされることを具申いたします。

その上で、万が一、銀行融資が通らない、あるいは間に合わないといった事態に至った場合、資金繰りをつなぐために最後に頼りになるのは、やはり経営者の資金力となります。
銀行融資が通らない場合、あるいは銀行融資までのつなぎとして資金繰りを維持し、事業を継続するには経営者個人の資金投入が避けられません。

資金繰りに不安を感じたら、早めに銀行融資の相談をされるとともに、万が一の場合に備えて経営者個人の資金力の確保も大切です。
管理者の銀行実務において日々、痛感しているところです。

資金繰りに備えて個人の資金力の確保を
事業者向けカードローン「オーナーズセレクトカード」

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-資金繰りの悩み事例
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.