転職しても住宅ローンが通りやすいパターン


ホーム住宅ローンと転職>転職しても住宅ローンが通りやすいパターン

住宅ローンは超長期の銀行ローンであるため、収入の安定性を住宅ローンの審査においては重要視しています。
この点において一般的によく言われているように、転職して間もない場合や転職を繰り返している場合に住宅ローンの審査が通らないというのは、ある意味では事実です。
その理由は、客観的に考えて収入の安定性に不安を覚えるからです。

一方で、転職しても住宅ローンの審査に悪影響を及ぼさないパターンがあります。
それは前職と同じ職種で、前職よりも収入がアップしている場合、そして転職理由が「収入増が見込めるため」とか「キャリアアップのため」など転職理由がネガティブなものではなく、前向きなものであるケースです。

このような場合には、転職後間もない状態であっても住宅ローンの審査が通りやすいパターンだといえます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト