外壁の後退距離の制限とは

ホーム住宅取得に役立つ不動産基礎知識>外壁の後退距離の制限とは

外壁の後退距離の制限とは敷地境界線から建物の外壁までを指定された距離以上にしなければならないというものです。
「指定された距離」とは1.5mまたは1mのいずれかとなっています。
なお外壁の後退距離の制限がつく用途地域は第1種低層住居専用地域と第2種低層住居専用地域のみとなっています。

ただしこの2つの用途地域には必ず外壁の後退距離の制限が定められているわけではありません。
制限がない地域もあります。
また外壁の後退距離の制限があっても、その制限が緩和されている場合もあります。
例えば外壁の長さの合計が3m以下の場合は、後退距離を満たさなくても良いといった例です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。