夫が自己破産した場合の影響

ホーム自己破産>夫が自己破産した場合の影響

質問
夫は昔から借金癖があります。
一度完済し、もう二度と借金はしないといっても、いつのまにか、またびっくりするような借金を作ってきます。
この繰り返しです。
現在も500万円近い借金をしていると言っています。
実際はこれ以上かもしれません。

夫は「このままだと自己破産しかない」と口にしていますが、私としてはこのまま自己破産になっても良いと思っています。
ただ心配なことがあります。

私は結婚前から親からもらった貯金があります。
また少しですが、子供のために子供名義での貯金もあります。
夫が自己破産した場合、私とか子供の貯金もなくなってしまうのでしょうか?
このことが心配なのです。





回答
ご質問者やお子様がご主人の借金の連帯保証人になっていなければ、まったく心配することはありません。

夫婦と借金は関係ありません。
夫婦であるからといって、他の配偶者の借金を返済する義務は連帯保証人でない限り、ないのです。
親子関係でも同じことが言えます。

ご主人が自己破産すれば、ご主人名義の資産はおそらく処分されてしまいます。
しかし処分の対象となるのはご主人名義のものだけであって、ご質問者やお子様名義の貯金は処分の対象外です。
ご安心ください。

なお、もしご質問者やお子様がご主人の借金の連帯保証人になっていれば、連帯保証人には返済義務がありますから、ご質問者やお子様名義の貯金も処分の対象となってしまいます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%