美容室の銀行融資

ホーム業種別の銀行融資>美容室の銀行融資

美容室に対する銀行員のイメージは下記の点に要約されます。

1.主な資金需要は設備資金であること
2.基本的に運転資金は不要であること
3.コストの大半は人件費であること
4.比較的新規開業がしやすく、競争が激しい業界であること

1.主な資金需要は設備資金であること
美容室の資金需要は設備投資だと認識しています。
明るく清潔で、ファッション性に富んだ店作りを行わないと、ただでさえ過当競争の業界ですから、お客さんが来てくれません。
したがって新規開業後も定期的な改装等が必要であり、そのための投資資金として設備投資の銀行融資が必要だと考えられます。

設備投資の銀行融資の返済原資は基本的に利益ですから、審査も収益力を重視したものになります。
美容室に限ったことではありませんが、設備投資の銀行融資申し込みにおいては、投資による収益力の向上などの効果・狙いをきちんと銀行に説明する必要があります。
銀行側もその効果を期待して、信頼して融資の審査を行っています。

2.基本的に運転資金は不要であること
美容室は現金商売ですから、掛売り、つまり資金の立替が発生しません。
また在庫も必要がありません。
したがって運転資金は基本的に不要の業種だと銀行員は理解しています。





運転資金が必要な場合としては、従業員のボーナス資金や研修費用程度だと銀行員は認識しています。
これ以外での運転資金の申込みの大半は、売上不振による赤字の補填資金です。
運転資金として銀行融資を申込む場合には、資金を何に使うのか、その使途を明確に説明しないと、「赤字の補填」だと理解されてしまいます。

3.コストの大半は人件費であること
美容室のコストの大半は人件費です。
逆の言い方をすれば、人がいなければ商売が出来ません。
またその「人」も技術力が高いなど、優秀な人材が求められます。

美容室が他の美容室との差別化を強調する点は、端的に言えば高い技術力です。
技術力のある従業員はいるのか、技術力を高めるための従業員研修はしっかり行われているか、このような点を銀行員は見ています。

4.比較的新規開業がしやすく、競争が激しい業界であること
美容室を開業するには店舗を構えるなど一定の設備投資が必要ですが、決して初期投資は多額の資金を必要とはしません。
また独立志向も高い業界だと認識していますので、新規開業が絶えず行われ、必然的に過当競争の業界だと考えられます。

したがって立地条件の良し悪しや経営者・従業員の技術力、接客態度などが売上を維持・向上のポイントであり、美容室を業務で訪問する銀行員は、従業員の接客態度などお店の雰囲気を注意して眺めています。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%