自己破産した友人の連帯保証人になったために一括返済を請求されています

ホーム保証人に関すること>自己破産した友人の連帯保証人になったために一括返済を請求されています

質問
先日、私の友人が自己破産の手続きをしました。
ところが一つだけ、私が連帯保証人になっているものがあります。
金額は300万円ほど。
ローン会社より私のところに一括返済の請求がありました。

私は連帯保証人ですから、返済の請求を受けることはやむを得ないことだと考えています。
しかし私にはとても300万円の大金を一括で支払う余裕などありません。
どこからか私が借入をして、一括返済したほうが良いのでしょうか?
それともローン会社と話し合いをして何とかなるものなのでしょうか?

回答
どのようなローン会社かはわかりませんが、違法な金融業者でなければ話し合いの余地はあると思います。

まずローン会社側の立場で考えて見ます。
資産家など一部の人を除いて、大半の人にとって300万円というのはとても大金です。
したがってローン会社としても一括請求を手続き上行うものの、実際に一括で返済がなされるとは思っていません。
ローン会社が「分割でも良いから返済してくれれば良い」と考えてもおかしくありません。





ただご質問者に不動産などの資産があれば、それを差押・競売にかけて一括で回収に当たる可能性は残ります。

ローン会社に現在の収入状況を正直に伝えて、分割返済をしていくことなどを伝えてください。
分割返済の金額にもよりますが、収入対比相応の金額であれば、分割返済にローン会社は応じる可能性が十分あると思います。

なおご質問の中に「どこからか私が借入をして、一括返済したほうが良いのでしょうか?」とありますが、どこからか借入をしてまで一括返済に応じなければならない義務はありませんし、そのようなことはしてはいけません。

ローン会社からの一括請求の通知を無視することは避けたほうがよろしいかと思います。
そのまま放置すれば、給与の差押など受ける可能性があります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%