母が叔父の借金の保証人になっていたようなんですが

投稿日:

ホーム保証人に関すること>母が叔父の借金の保証人になっていたようなんですが

質問
私の母が叔父(母の兄)の信用金庫からの事業資金の借り入れの保証人になっているそうです。
叔父は5,6年前に事業に失敗し、信用金庫からの借入の際、担保としていた自宅を失ったようです。

信用金庫からは今まで一度も母に連絡はありません。
叔父からは「すべて終わった」と聞いているようです。

もう母には信用金庫から保証人としての返済請求は来ないものと考えてよろしいのでしょうか?
信用金庫に聞けば一番確実なことはわかっているのですが、聞いたことがきっかけで母に請求が来ることを心配しています。

回答
5,6年前のことで信用金庫から一度も連絡がなかったということは、叔父さんの言うとおり借入は自宅の担保処分などですべて回収され、借入は残っていないと考えるが合理的かと思います。
もし借入が残っているのであれば、信用金庫から保証人であるお母さん宛に連絡が必ず来るはずです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-保証人に関すること
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.