母が叔父の借金の保証人になっていたようなんですが


ホーム保証人に関すること>母が叔父の借金の保証人になっていたようなんですが

質問
私の母が叔父(母の兄)の信用金庫からの事業資金の借り入れの保証人になっているそうです。
叔父は5,6年前に事業に失敗し、信用金庫からの借入の際、担保としていた自宅を失ったようです。

信用金庫からは今まで一度も母に連絡はありません。
叔父からは「すべて終わった」と聞いているようです。

もう母には信用金庫から保証人としての返済請求は来ないものと考えてよろしいのでしょうか?
信用金庫に聞けば一番確実なことはわかっているのですが、聞いたことがきっかけで母に請求が来ることを心配しています。

回答
5,6年前のことで信用金庫から一度も連絡がなかったということは、叔父さんの言うとおり借入は自宅の担保処分などですべて回収され、借入は残っていないと考えるが合理的かと思います。
もし借入が残っているのであれば、信用金庫から保証人であるお母さん宛に連絡が必ず来るはずです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト