住宅ローンが払えなくなったら・・・

ホーム住宅ローンの返済>住宅ローンが払えなくなったら・・・

質問
住宅ローンを夫婦二人の名義で銀行から借りています。
私の父が連帯保証人になっています。
私と主人ともに正社員として働いていましたが、私は数年前に退職し、現在はパートとして働いています。

ところが主人の勤務先の会社の業績が良くなく、主人の収入が減ってきており、住宅ローンの返済がだんだんときつくなってきています。
私も、より長時間働いてパート収入を増やそうとしていますが、思うように働くことが出来ずにパート収入は少ししか増えていません。
預貯金を少しずつ減らして、何とか住宅ローンの返済を続けている状況です。

もし今後住宅ローンが払えなくなった場合、どうなるのでしょうか?
私の父が連帯保証人になっていますが、父が支払わないといけないのでしょうか?

回答
住宅ローンの返済が困難となった場合、即ということではありませんが、ご自宅は住宅ローンの担保となっていますから、処分される可能性があります。
また連帯保証人であるご質問者の父に返済請求がなされます。

住宅ローンの返済額を少なくして、その上で返済を続けていくことが可能であるならば、大切な自宅を失わないため、あるいは父に返済請求が行かないためにも、真剣に検討されるべきかと思います。

住宅ローンの返済額を少なくする方法としては主に2つあります。

1つめは住宅ローンを今よりも長期の住宅ローンに借換をすることです。
住宅ローンの返済期間を長くすることにより、毎月の返済額は確実に減らすことが出来ます。
なお住宅ローンの借換は現在借入中の銀行では出来ません。
別の銀行の住宅ローンに借換することになります。

2つめは現在借入している銀行に返済条件の緩和、いわゆるリスケを申込むことです。
収入が減少した理由や今後の返済見込みを説明し、銀行の同意を得た上で毎月の返済額を少なくする契約(変更契約と呼ばれています)を結ぶことです。
返済額を少なくする相談はしづらいかもしれませんが、銀行は真摯に相談に乗ってくれるはずです。
ご安心ください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。