自己破産しなければならないのでしょうか?

投稿日:

ホーム保証人に関すること>自己破産しなければならないのでしょうか?

質問
銀行の900万の連帯保証人になっています。
個人事業者です。
仕事が無くなりもう払えないといわれました。
残が770万残っています。
本人は他に1000万有り自己破産するそうです。
55歳の年収300万の私にはとても返せません。
私も自己破産しなければならないでしょうか?
私も200万のローンを月2万円返してます。
私には財産はありません。
本人は400万ぐらいの持ち家が有ります。

回答
自己破産されるかどうかはご質問者がご判断されることですが、現在200万円のローンのほかに、保証債務770万円、合計970万円の債務を返済しなければならない義務を負うことになります。
年収300万円ということですが、債務額は3倍を超える水準となり、客観的にはお支払いが不能の状態だと思われます。

個人個人で事情は異なります。
あくまで私個人の考え方ですが、私であれば破産・免責を受ける道を選びます。
今後のことを考えれば、その方が失うものが少ないと考えるからです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-保証人に関すること
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.