債務超過とは何ですか?

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>債務超過とは何ですか?

質問
小さな会社を経営しているものです。
担当の銀行員さんからよく「債務超過だからこれ以上の融資は難しい」と言われます。
債務超過とはどういうことですか?
そして債務超過だとどうして銀行融資が難しいのですか?

回答
会社には資産もあれば、負債もあります。
債務超過とは、資産よりも負債の方が大きい状態です。
債務超過かどうかは、決算書の貸借対照表を見ればわかります。

債務超過のイメージ





債務超過のイメージ

資産よりも負債の方が大きいと、資本の部のところがマイナスとなります。
これが債務超過です。

資産よりも負債の方が大きい債務超過というのは、仮に資産をすべて処理しても負債を払い切れないということです。

それではなぜ債務超過となったのか?
もっとも多い原因は、会社の経営が赤字体質であることです。
赤字体質ということは銀行から見れば、「貸したお金が返ってこない」可能性が高いと見てしまいます。
だから債務超過の場合には融資がしづらいのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%