親子リレーローンの相続について

ホーム住宅ローンその他>親子リレーローンの相続について

◆質問

昨年に一戸建ての住宅を購入しました。
住宅ローンの利用にあたり、主人だけの収入では希望額まで届かなかったので、主人の父との親子リレーローンで借入をしました。
その際、住宅の名義は主人と父の半分ずつの共有名義としました。

正直、親子リレーローンとしたのは主人の父の収入を合算して、私たちの希望額まで住宅ローンが組めるようにするのが目的でした。
実際に、住宅ローンを返済しているのは主人であり、父には一切援助をしてもらっていません。

最近、主人の父の健康が優れないのですが、ちょっと気になることがあります。
それは主人の父が亡くなった時、父の共有名義の部分はやはり相続の対象となり、父の子、つまり主人の兄弟の名義になってしまうのでしょうか?
主人は兄弟とは仲が悪いわけではなく、心配することはないのかもしれませんが、万が一の場合、住宅ローンはすべて主人が返済しているのに、兄弟に取られてしまう可能性がないともいえず、心配になっています。 



◆回答

ご主人の父が亡くなった場合、父名義の部分はやはり相続財産となり、遺産分割の対象となります。
住宅ローンをご主人がすべて返済していることと、相続とは関係がないのです。
したがって、可能性として、ご主人の父名義の部分が兄弟名義になることもありえます。

対策としては、お父さんがご健在のうちに名義をすべてご主人とすることですが、これには贈与税とか譲渡課税などの問題が発生します。
ここの部分は管理者は専門ではありませんので、お答えすることが出来ません。 


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。