連帯保証は相続放棄出来ますか?

ホーム保証人に関すること>連帯保証は相続放棄出来ますか?

◆質問

父は内装工事関係の会社を経営していましたが、先月病気で亡くなりました。
小さな会社であったものですから、父の死亡に伴い会社の事業はストップしています。
会社を継ぐ人もいません。

ところで父の会社は銀行から融資を受けており、父の死亡に伴い今後返済出来る見込みはありません。
父は社長でしたから当然、銀行融資の連帯保証人になっています。
父名義の資産はほとんどありません。

父の死亡に伴い、相続人である私は連帯保証も相続することになると思うのですが、連帯保証も相続放棄することは出来ますよね?

◆回答

連帯保証は相続放棄可能です。
ご存知のとおり、相続の対象となるのは不動産や預貯金などの資産に加えて、借入金などの債務です。
そして連帯保証は債務の一種ですから、相続放棄の対象となります。
なお相続放棄は死亡したことを知った時から3ヶ月以内に申し立てを行う必要があります。

※民法第915条  
相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
2  相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス