マンションの売却と住宅ローン

投稿日:

ホーム住宅ローンと担保>マンションの売却と住宅ローン

◆質問

数年前に住宅ローンを借りてマンションを購入しましたが、理由があって売却を希望しています。
しかし住宅ローンの元金はほとんど減っていません。

いくつかの不動産屋にあたってみましたが、売却金額は元金には届かず、かなりの額が残ります。
売却しても住宅ローンが残るのであれば銀行はOKしてくれませんよね?

◆回答

住宅ローンで購入されたマンションには銀行の抵当権が設定されているはずです。
抵当権が設定されたままでも物理的にはマンションを売却することは出来ます。
しかし、現実問題として抵当権が設定されたマンションを購入する人はいないはずです。

したがってマンションを売却するには銀行の抵当権を抹消してもらう必要があります。
そして抵当権が抹消される条件は住宅ローンを完済することです。
住宅ローンが残るようであれば、銀行の抵当権抹消は困難です。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと担保
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.