隣の家との関係(相隣関係)についての建築基準法上の規定

ホーム住宅取得に役立つ不動産基礎知識>隣の家との関係(相隣関係)についての建築基準法上の規定

隣の家との関係について民法では建物を建築するときは、敷地境界線から50センチメートル以上離さなければならないことになっています。
詳しくは隣の家との関係(相隣関係)についての民法上の規定を参考にしてください。





一方で建築基準法ではどのように規定されているのでしょうか?
建築基準法では防火地域または準防火地域では外壁を耐火構造にすれば、外壁を敷地境界線に接して建築出来ることになっています。
つまり防火地域や準防火地域内では、外壁を耐火構造にすれば、隣の建物とくっついていても建築出来ることになっています。

民法と建築基準法との関係
民法では建物は敷地境界線から50センチメートル以上離さなければならないと規定されている一方で、建築基準法では敷地境界線ぎりぎりに建築しても構わないとなっています。
そして建築基準法は民法の特別法と考えられており(最高裁判例)、建築基準法は民法の規定に優先することになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%