隣の家との関係(相隣関係)についての建築基準法上の規定

投稿日:

ホーム住宅取得に役立つ不動産基礎知識>隣の家との関係(相隣関係)についての建築基準法上の規定

隣の家との関係について民法では建物を建築するときは、敷地境界線から50センチメートル以上離さなければならないことになっています。
詳しくは隣の家との関係(相隣関係)についての民法上の規定を参考にしてください。

一方で建築基準法ではどのように規定されているのでしょうか?
建築基準法では防火地域または準防火地域では外壁を耐火構造にすれば、外壁を敷地境界線に接して建築出来ることになっています。
つまり防火地域や準防火地域内では、外壁を耐火構造にすれば、隣の建物とくっついていても建築出来ることになっています。

民法と建築基準法との関係
民法では建物は敷地境界線から50センチメートル以上離さなければならないと規定されている一方で、建築基準法では敷地境界線ぎりぎりに建築しても構わないとなっています。
そして建築基準法は民法の特別法と考えられており(最高裁判例)、建築基準法は民法の規定に優先することになります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-不動産基礎知識
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.