抵当権と根抵当権の違いについて

ホーム銀行融資と担保>抵当権と根抵当権の違いについて

下の図をご覧ください。

抵当権と根抵当権

AとBの2つの銀行融資を借入しているとします。
そしてAの銀行融資について抵当権を設定している場合、この抵当権はAの銀行融資のみをカバーしています。
Bの銀行融資は抵当権ではカバーされていません。
したがってAの銀行融資を完済すれば、抵当権はその効力がなくなります。





一方で根抵当権の場合にはAとBの双方の銀行融資をカバーしています。
Aの銀行融資を完済しても根抵当権の効力はなくならず、Bの銀行融資をカバーしています。

このように抵当権はそれによって担保される借入が限定されています。
一方で、根抵当権は担保される借入を限定しない方法です。
なお根抵当権ではカバーされる対象は限定されませんが、カバーされる金額の上限(これを極度額といいます)は定めています。

抵当権の代表的なものは個人の住宅ローンです。
一方で事業融資など繰り返し銀行融資の取引が予想される場合には、根抵当権の方式が広く用いられています。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%