手形割引は銘柄の良し悪しだけで判断はしません

投稿日:

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>手形割引は銘柄の良し悪しだけで判断はしません

手形割引というのは、売上の代金として受け取った手形を、期日前に銀行等にて買い取りを受けることで現金化する方法です。
よくお客さんから「手形の振出人は有名で大きな会社だから銀行さんも安心でしょ」と言われます。

確かに手形割引は振出人が手形代金を支払うことで、銀行は割り引いた資金を回収しますから、手形振出人の良し悪しは割引に応じるか否かの判断の1つになります。
しかし手形割引も銀行融資の1つであり、手形振出人の良し悪しの前に、割引依頼がある会社等の信用力を第一に審査を行います。

これは何らかの事情で手形の支払いがなされない場合、銀行は手形割引の依頼人に買戻しを要請することになるからです。
割引依頼人の業績が悪化していれば、買戻しが不可能な場合も想定されるからです。
したがってどれだけ手形の振出人が優良な会社であっても、割引依頼人の信用力が弱い場合には、手形割引をお断りする場合もあります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資全般に関するQ&A
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.