手形割引は銘柄の良し悪しだけで判断はしません

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>手形割引は銘柄の良し悪しだけで判断はしません

手形割引というのは、売上の代金として受け取った手形を、期日前に銀行等にて買い取りを受けることで現金化する方法です。
よくお客さんから「手形の振出人は有名で大きな会社だから銀行さんも安心でしょ」と言われます。

確かに手形割引は振出人が手形代金を支払うことで、銀行は割り引いた資金を回収しますから、手形振出人の良し悪しは割引に応じるか否かの判断の1つになります。
しかし手形割引も銀行融資の1つであり、手形振出人の良し悪しの前に、割引依頼がある会社等の信用力を第一に審査を行います。



これは何らかの事情で手形の支払いがなされない場合、銀行は手形割引の依頼人に買戻しを要請することになるからです。
割引依頼人の業績が悪化していれば、買戻しが不可能な場合も想定されるからです。
したがってどれだけ手形の振出人が優良な会社であっても、割引依頼人の信用力が弱い場合には、手形割引をお断りする場合もあります。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。