手形割引は銘柄の良し悪しだけで判断はしません

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>手形割引は銘柄の良し悪しだけで判断はしません

手形割引というのは、売上の代金として受け取った手形を、期日前に銀行等にて買い取りを受けることで現金化する方法です。
よくお客さんから「手形の振出人は有名で大きな会社だから銀行さんも安心でしょ」と言われます。





確かに手形割引は振出人が手形代金を支払うことで、銀行は割り引いた資金を回収しますから、手形振出人の良し悪しは割引に応じるか否かの判断の1つになります。
しかし手形割引も銀行融資の1つであり、手形振出人の良し悪しの前に、割引依頼がある会社等の信用力を第一に審査を行います。

これは何らかの事情で手形の支払いがなされない場合、銀行は手形割引の依頼人に買戻しを要請することになるからです。
割引依頼人の業績が悪化していれば、買戻しが不可能な場合も想定されるからです。
したがってどれだけ手形の振出人が優良な会社であっても、割引依頼人の信用力が弱い場合には、手形割引をお断りする場合もあります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%