なぜクレジットカードが原因で銀行ローンが組めないのですか?

ホーム個人ローン全般>なぜクレジットカードが原因で銀行ローンが組めないのですか?

◆質問

以前に、あるクレジットカードを持っていました。
一回だけなのですが、支払いが1ヶ月ほど遅れ、クレジットカードを没収されたことがあります。
もちろん、そのあとすぐに利息を含めてすべて支払いを行いました。

その後、銀行ローンを申込んだのですが、そのクレジットカードの審査が通らないという理由で銀行ローンを組むことが出来ませんでした。
なぜクレジットカードが銀行ローンと関係があるのですか?
それとこの先ずっと、銀行ローンは無理なのでしょうか?

◆回答

図:銀行ローンの仕組み





銀行ローンの仕組み

上の図でわかるように、銀行ローンの多くはクレジット会社の保証をつけてローンが実行される仕組みとなっています。
別の言い方をすれば、クレジット会社の保証が得られなければ銀行ローンが行われない仕組みとなっています。
そして保証をするクレジット会社の多くはローンを行う銀行の系列会社です。

今回、銀行ローンが無理であった理由としては2つが考えられます。
1つめは申し込みをされた銀行ローンの保証会社が、カードが没収となったクレジット会社であったことです。
この場合には、クレジット会社の保証を得ることは困難だと考えられますから、クレジット会社の保証を前提とする銀行ローンの利用は困難となります。

2つめはクレジットカードの支払いが遅れたことは個人信用情報に登録されていますから、その延滞情報が原因でクレジット会社の保証が得られず、銀行ローンが通らなかったことです。

延滞情報は個人信用情報に5年間登録されています。
したがって5年間は銀行ローンの利用が難しい可能性があります。
この先、ずっと利用が難しいということではありません。
しかし、カードが没収となったクレジット会社の保証をつける銀行ローンの場合はこの先も難しい場合があります。
このような場合には、別の銀行に申込みことも1つの方法です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%