東日本大地震 計画停電の影響による資金繰り不安

ホーム東日本大地震関連>東日本大地震 計画停電の影響による資金繰り不安

東日本大地震(2011.3.11)による東京電力管内での計画停電の影響で、取引先から運転資金の融資相談が増加しています。
現在のところ、計画停電により、入居している商業施設の閉店などの影響で、小売業や飲食業からの問い合わせが増えています。

小売業や飲食業は現金商売ですから、基本的に運転資金が不要の業種です。
しかし売上が低下すると、人件費や賃料など固定費負担が重くなり運転資金需要が発生する特徴を持っています。
計画停電の影響で売上が低下しており、手元資金に余裕を持たせるためにも銀行融資の相談に結びついているようです。



こちらとしても事情が事情だけに柔軟に対応せざるを得ないと考えています。
資金繰りに不安な方は取引銀行に相談してみてください。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。