東日本大地震 計画停電の影響による資金繰り不安

更新日:

ホーム東日本大地震関連>東日本大地震 計画停電の影響による資金繰り不安

東日本大地震(2011.3.11)による東京電力管内での計画停電の影響で、取引先から運転資金の融資相談が増加しています。
現在のところ、計画停電により、入居している商業施設の閉店などの影響で、小売業や飲食業からの問い合わせが増えています。

小売業や飲食業は現金商売ですから、基本的に運転資金が不要の業種です。
しかし売上が低下すると、人件費や賃料など固定費負担が重くなり運転資金需要が発生する特徴を持っています。
計画停電の影響で売上が低下しており、手元資金に余裕を持たせるためにも銀行融資の相談に結びついているようです。

こちらとしても事情が事情だけに柔軟に対応せざるを得ないと考えています。
資金繰りに不安な方は取引銀行に相談してみてください。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-東日本大地震
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.