信用保証協会保証付融資入門 信用保証協会保証付融資のしくみ

ホーム信用保証協会保証付融資入門>信用保証協会保証付融資入門 信用保証協会保証付融資のしくみ

信用保証協会保証付融資の全体のしくみと流れをご案内します。

1.信用保証委託の申込み
信用保証協会保証付融資を受けるには、まず最初に信用保証協会に保証委託の申込みを行います。
簡単に言えば信用保証協会に保証人になってくれるように依頼を行うのです。
この依頼を行うことを保証委託と呼んでいます。

信用保証協会に保証委託を申し込むには、信用保証協会に直接申し込む方法と銀行経由で申し込む方法の2つがあります。
既に銀行と取引がある場合は、銀行経由で保証委託の申込みを行うのが通常です。

2.信用保証協会の審査
信用保証協会に保証委託の申込みを行うと、信用保証協会では審査を行います。

3.信用保証書の発行
信用保証協会保証付融資を実際に行うのはあくまでも銀行です。
信用保証協会自身が直接融資を行うわけではありません。

信用保証協会の審査が通ると借入を予定している銀行に信用保証書と呼ばれるものが発行されます。
これは信用保証協会が銀行に対して保証人になることを証明する書面です。





4.信用保証協会保証付融資の実行
信用保証協会から信用保証書の発行を受けた銀行では、銀行自身の審査を行い、銀行融資審査が通れば実際に信用保証協会保証付融資が実行されます。

信用保証協会保証付融資は信用保証協会での審査と銀行の審査の2つの審査があることを覚えておいてください。

5.返済
融資実行後は、当初定めた契約に基づいて銀行に信用保証協会保証付融資の返済を行っていくことになります。

6.代位弁済の請求
銀行に信用保証協会保証付融資の返済をきちんと行っていれば何の問題もないのですが、諸事情によって返済が出来ない事態が発生する場合があります。
この場合は、融資を行っている銀行は信用保証協会に対し債務者に代わって返済をするように請求します。
これを代位弁済の請求といいます。

7.代位弁済
銀行から代位弁済の請求を受けた信用保証協会は保証条件がきちんと履行されていることなどを確認したうえで、銀行に対し代位弁済が行われます。
これにより銀行は信用保証協会保証付融資を全額回収することが出来ます。

8.求償権の発生
信用保証協会が銀行に代わりに融資の返済を行ってくれたからといって、債務者自身の債務が消滅するわけではありません。
債務者は銀行に対する債務がなくなった代わりに今度は代わりに返済してくれた信用保証協会に求償債務を負うことになります。

9.信用保証協会への返済
信用保証協会と債務者との交渉を行い、債務者は信用保証協会へ求償債務の返済を行うことになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%